カードローンでの借り入れ最新情報

カードローン最前線

カードローン最前線

「カードローン」と「キャッシング」

カードローン」と「キャッシング」という言葉の差は
近年ではほとんどなくなりました。

そもそもの、「言葉としての意味」という側面で
あえて定義付けるのであれば、
キャッシングは一括弁済を前提とした高金利の融資で、
カードローンは分割弁済を前提としているため低金利である。
という棲み分けになるかと思います。

カードローン → 分割弁済 低金利

キャッシング → 一括弁済 高金利

上記のように定義するならば、
キャッシングというと消費者金融や信販会社からの融資、
カードローンというと銀行からの融資というのが通例ですが、
実際のところその返済方式はどちらも似通っており、キャッシングでも分割弁済する人がほとんどですし、
消費者金融がカードローンと銘打って商品を提供していることもあります。

金融商品としての「カードローン」と「キャッシング」に違いを見出すことは、
非常に難しいといっていいでしょう。

銀行のカードローン

金融機関ごとに特徴を見てみると、
銀行のカードローンは母体が銀行なので資金力があり、安心してかりることができます。

金利も低いので、無担保ローンを利用する時に真っ先にカードローンを
希望する人も多いですが、審査基準が厳しく、職業や年収だけでなく、
勤続年数や他社からの借り入れ状況、直近での他社へのカードローン等の
申込み状況なども調べられるため、希望してもかりられない人も多数います。

消費者金融のカードローン

消費者金融等のカードローンは、金利は高めで借入額に応じて
15~20%の年利となっているところがほとんどです。

ただし、無利息キャンペーンなどを提供しているところも多く、
借り入れ期間等によっては非常にお得な場合があります。
また、審査が簡単で通りやすく、融資スピードも速くなっています。
申込んだ時間によってはその日に指定した口座に融資額が振り込まれているところもほとんどですので、
急ぎの人や、他社で何度も断られている人にはこちらで計画的に利用するのもいい選択です。
ただし、総量規制といって年収の3分の一以上の借り入れはできない制度があります。

銀行系消費者金融のカードローン

銀行と消費者金融が提携しているカードローンも増えています。
消費者金融の持つノウハウ銀行の資金力を生かして、
より高品質なサービスで低金利の借り入れが可能になっていますし、
総量規制の対象外になる場合もありますので、年収に関係なく高額借入ができることもあります。

カードローン最前線 Menu

カードローン業者の特徴